2015年01月09日

0xc000000eやBOOTMGR is missingでWindowsが起動できない

ハードディスクがなんらかの不具合で起動しようとすると

状態: 0xc000000e
情報: 要求されたデバイスにアクセスできないため、ブートの選択でエラーが発生しました。



BOOTMGR is missing
press ctrl + alt + del to restart

という画面が表示されてWindowsが起動できなくなることがあります。

こうなった場合はWindows7などのインストール用のCDから起動して修復してやれば直ります。

システム回復オプション

まず、システム回復オプションから「コマンドプロンプト」を選択して以下の作業をします。

-------------------------------
C:>bootrec /fixmbr [Enter]

操作は正常に終了しました。

C:>diskpart [Enter]

DISKPART> list disk [Enter]

DISKPART> select disk 0 [Enter] ※OSが入っているハードディスク番号を選択

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list partition [Enter]

DISKPART> select partition 2 [Enter] ※OSが入っているパーティション番号を選択

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> active [Enter]

DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

DISKPART> exit [Enter]

DiskPart を終了しています...

C:>bootrec /fixboot [Enter]

操作は正常に終了しました。

C:>bootrec /fixmbr [Enter]

操作は正常に終了しました。

C:>exit [Enter]
-------------------------------

この作業が終わると再起動して再びインストールCDから起動します。

次にシステム回復オプションから「スタートアップの修復」を選んで修復すると完了です。

これで通常通り起動できるようになっているはずです!!
posted by キロック at 21:46| Comment(0) | windows