2017年02月03日

ソフトバンクから楽天モバイル 半年無料クーポンでiPhoneをMNP

格安SIMで大手の【楽天モバイル】が月々の支払いに楽天スーパーポイントが使えるようになったとのことで、
今までソフトバンクモバイルだったのですが、MNPで乗り換えました。

半年無料クーポンは家電批評の付録を利用しました。

iPhone5S(ソフトバンク)→iPhoneSE(楽天モバイル) の手順を簡単にまとめておきます。

rakuten_mobile.jpg

@アップルストアでiPhoneSEを購入。
現在の使用機種はソフトバンクのiPhone5S、この機種はSIMフリー化できないためアップルストアでsimフリーのiPhoneSEを購入しました。アップルストアで買い物をする際はハピタス経由すると購入金額の0.8%ポイントが貰えてお得です。
iPhoneSEが届いたらiPhone5SをiTunesで丸ごとバックアップしてデータを移動します。

データを移動したらiPhone5Sのicloudやimessesはログアウトしておく。
ログアウトしないままMNPが完了してしまうとSMSやimessesが届かなくなるので注意!


AMNP予約番号を発行。
番号をそのまま乗り換えの為、楽天モバイル申し込みの際に必要なMNPの予約番号をソフトバンク(0800-100-5533)へ電話して発行してもらいます。

その際、移転先をきかれますが大手携帯会社名を言うと引止めポイントをもらえるらしいです。
今回は楽天モバイルだったので、ワイモバイル特典、契約手数料無料とスマホプラン2年間1000円引きと2年間データ容量2倍という引きとめ特典が貰えました。ワイモバイルへ移行を考えている人はこの特典を利用するのもよいですね。



B楽天モバイルで申し込み。
・SIMカードのみ(nanoSIM)
・通話SIMベーシックプラン(月額1,250円)
・今お使いの電話番号を引き継ぐの項目で予約番号を入力
楽天でんわの申し込み(基本料0円)

楽天でんわは通話料が半分になるアプリですが、ほかにも、楽天Viber(バイバー)というアプリはキャンペーン期間中であれば国内通話0円(携帯も固定電話にも!)なのでお得ですね。

楽天モバイルはSIM到着日が開通日とのことなので月をまたぎそうな場合はお届け日を月初めにしたほうがお得です。


C数日後、SIMが到着。
iPhoneSEに楽天モバイルのSIMをセットして、楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に電話します。
自動音声にて開通手続きをします。


D翌日に開通。
iPhone5S(ソフトバンク)が圏外になったタイミングでiPhoneSE(楽天モバイル)を再起動すると楽天モバイル(docomo)電波が入りました。あとは、付属の説明書にしたがってモバイルネットワーク設定などをしたら完了!
開通後、楽天モバイルのメンバーズにログインできるようになりました。





posted by キロック at 12:24| Comment(0) | 家電

2016年12月26日

BRAVIA (KDL-32EX420) USB HDD コピー方法

ブラビアで番組を録画している外付けUSBのコピー(引越し・ダビング)に以下の方法で成功しました。
※KDL-32EX420は2TBまでのHDDが使えます。新しいHDDを準備するときはご注意ください。


@前準備
ブラビアのHDDはLinuxで読み込めるのでフリーの軽量Linux「Lubuntu」を利用します。
Lubuntu 14.04 LTS 32Bit 版
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/14.04/release/lubuntu-14.04-desktop-i386.iso
Lubuntu 14.04 LTS 64Bit 版
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/14.04/release/lubuntu-14.04-desktop-amd64.iso
自身のPCにあう上記のISOをダウンロードしLubuntuのCD-Rを作成しておきます。


A新しいHDDをブラビアに接続してブラビアで使えるように登録します。


B現在のHDDと新しいHDDをPCに接続して、LubuntuのCDでPCを起動します。
メニューが出るので「インストールせずにLubuntuを試してみる」を選択します。
lubuntu


CLubuntuが起動したら「ファイルマネージャ」で現在のHDDから新しいHDDへ中身をコピーします。
HDDは領域が3つに分かれており「db」「db」「stream」というフォルダがあるので中身をそれぞれ全て上書きコピー。
容量が大きいHDDだとコピー時間が掛かります。
lubuntu_filemanager


Dコピーが終わったらPCをシャットダウンして新しいHDDをブラビアに接続します。
「修復しています」と表示され、しばらくすると中身がコピーされた新しいHDDが利用できるようになっています。


posted by キロック at 16:15| Comment(0) | 家電

2016年09月19日

HUAWEI Y6 LINEでプッシュ通知 こない 鳴らない 遅れる

HUAWEI Y6 で「LINEの通知がこない」「LINEの着信が鳴らない」現象に困っていました。
LINEを起動したら、まとめて通知が入るという具合です。

契約回線は楽天モバイル。(楽天モバイルは月々の支払いに楽天スーパーポイントが使えるようになって便利。期間限定ポイントも使えます。)

どうやらHUAWEIの機種(Y6 P9 P9lite等)は出荷時標準の設定だとプッシュ通知されないとのこと。

以下の方法で改善できましたので書きとめておきます。

通知が届くよう設定を変えていきます。

HUAWEI Y6_1.jpg
@通知センターのLINEの設定
通知を許可→ON
優先表示→ON
ステータスバー→ON
バナー→ON
ロック画面→ON


HUAWEI Y6_2.jpg
A保護されたアプリの設定
画面がオフになってもアプリの実行を許可
LINE→ON


HUAWEI Y6_3.jpg
Bスリープ時に接続の設定
スリープ時にWi-Fi接続を維持→常時
スリープ時にモバイルデータ通信を維持→ON


HUAWEI Y6_4.jpg
C省電力の設定
電源プラン→パフォーマンス


HUAWEI Y6_5.jpg
Dモバイルネットワークの設定
モバイルデータ通信→ON
常時接続を有効にする→ON


@〜Dの設定で改善しない場合は Push Notifications Fixer(PNF No-Root) というアプリを使います。
Google Playで「PNF」と検索すると出てきます。
回線がスリープ状態にならないようハートビート(一定間隔で通信)して維持する仕組みです。
格安SIMの会社や契約によっては様々なようですが、例えば0SIMでは5分を超えるとセッションが切れるとのことなのでハートビートを4分に設定します。

PNF.jpg
EPNF No-Rootの設定
Mobile heartbeat interval→4minutes
Wi-Fi heartbeat interval→4minutes


これでLINEの着信や通知がリアルタイムで届くようになりました。



posted by キロック at 11:26| Comment(0) | 家電