2015年01月09日

0xc000000eやBOOTMGR is missingでWindowsが起動できない

ハードディスクがなんらかの不具合で起動しようとすると

状態: 0xc000000e
情報: 要求されたデバイスにアクセスできないため、ブートの選択でエラーが発生しました。



BOOTMGR is missing
press ctrl + alt + del to restart

という画面が表示されてWindowsが起動できなくなることがあります。

こうなった場合はWindows7などのインストール用のCDから起動して修復してやれば直ります。

システム回復オプション

まず、システム回復オプションから「コマンドプロンプト」を選択して以下の作業をします。

-------------------------------
C:>bootrec /fixmbr [Enter]

操作は正常に終了しました。

C:>diskpart [Enter]

DISKPART> list disk [Enter]

DISKPART> select disk 0 [Enter] ※OSが入っているハードディスク番号を選択

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list partition [Enter]

DISKPART> select partition 2 [Enter] ※OSが入っているパーティション番号を選択

パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> active [Enter]

DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。

DISKPART> exit [Enter]

DiskPart を終了しています...

C:>bootrec /fixboot [Enter]

操作は正常に終了しました。

C:>bootrec /fixmbr [Enter]

操作は正常に終了しました。

C:>exit [Enter]
-------------------------------

この作業が終わると再起動して再びインストールCDから起動します。

次にシステム回復オプションから「スタートアップの修復」を選んで修復すると完了です。

これで通常通り起動できるようになっているはずです!!
posted by キロック at 21:46| Comment(0) | windows

2014年12月07日

LINE softbank 年齢確認できない

LINEでID検索機能を使いたい場合は年齢確認をしないダメっていうのは知ってたのですが、
困ったことがおきました・・・

LINE年齢確認

携帯電話はソフトバンクのiPhoneです。

それで LINEの設定→年齢確認 からさっそく認証しようとしたのですが、
認証確認作業が何回もループしたり、
処理が完了しましたと表示されても年齢認証結果が「不明」のままです。


なぜだろう・・・!?

そこで My Softbank認証 のページで確認してみると、

「使用者の情報」という項目が「未登録」でした。

どういうことか調べてみるとソフトバンクでは契約者とは別にその携帯電話の使用者という情報を登録しないと年齢認証できないらしい。この使用者の項目は通常は契約するときに登録してくれるらしいんだけど、何年も前から機種変更を繰り返している人やオンラインショップで購入した人の場合は、まれに登録されてないことがあるとか・・・。


要するに、契約者情報とは別に使用者情報も登録されてないと年齢の認証ができないんですよ!!


しかも、この使用者情報の登録はソフトバンクショップからじゃないとできないらしい。
後日、ソフトバンクショップへ行って使用者情報の登録をお願いしたら無事にLINEの年齢確認が出来ました。

使用者情報として登録される項目は以下の3つです。

@使用者名
A生年月日
B性別

LINEのID検索機能を使いたい人は身分証明を持ってショップへ行きましょう。
posted by キロック at 16:18| Comment(0) | 家電

2014年06月08日

ガラケーをスマホのsimフリー機種へ変更

ソフトバンクのホワイトプランのみの契約のガラケーをそのままの契約の状態でスマホ化にチャレンジしました。


今回の機種変更に使用したスマートフォンは、

Android搭載で通話も可能なsimフリーのタブレット、

ASUS Fonepad 7
ASUS Fonepad 7
です。

この機種はsimフリーなのでガラケーから取り出したsimをそのまま差し込めば使えるはずです。

しかし、困ったことがありました・・・
simのサイズが合わなかった!


ソフトバンクのガラケーに入っていたsimは通称、銀simいわれる標準simの大きさで、
そして、ASUS Fonepad 7はmicro simだったのでそのままでは物理的に入らなかったのです。

いろいろ調べてみると、simカッターなるものがありまして、
これを使ってカットすると標準simがmicro simになるのです。

simカッター

早速、simカッターを購入してカット!!大きなホッチキスみたいです。

Amazon » simカッター

楽天市場 » simカッター

銀simカット

無事カット完了!綺麗にmicro simサイズにくりぬけました。
接触部分の端っこが少し切れていても問題ないようです。

カットしたsimをASUS Fonepad 7へセット!!

softbank

認識しました!待ちうけ画面にSOFTBANKと表示されました。
発信、着信、通話もできました。完璧です!!

wi-fi

契約はホワイトプランのみでS!ベーシックパックも未加入なので外出時ネットはできませんが、
自宅にいるときはwi-fi接続でネットは快適です。

LINEの登録もできました。
SMSメールはS!ベーシックパック未加入でも出来るので番号メールは受信可能です。
なので、LINE登録時に送られてくるSMS認証メールの受信も問題ありませんでした。


これで維持費が超格安なスマホが出来上がりました。

Amazon » ASUS Fonepad 7

楽天市場 » ASUS Fonepad 7

posted by キロック at 14:14| Comment(0) | 家電